自分が最後の石田塾「14期生」を継続しない理由(わけ)

自分が最後の石田塾「14期生」を継続しない理由(わけ) know-how

管理人の鎌池と申します。

自分は、「石田塾」の「12期」と「13期」を受講し、一年間学ばせていただきました。

・・・あまり覚えていないのですが過去にも在籍していました(「石田塾」は中断していた時期があり、中断以前の話なのでだいぶ前の事です)。

その「石田塾」ですが9月末より始まる「14期」をもって一旦終了するそうです。なので、、引き続き受講するか考えたのですが最後の「石田塾」の受講は見送ることにしました。

その理由(わけ)を書きたいと思います。

最後の「石田塾」のテーマは【黄金の滝】

これは何を指しているかというと「You Tube」と「Kindle」です。

YouTube + Amazon Kindleで何が起こるか?

2つに共通しているのは、注目されるコンテンツを投入できれば「You Tube」と「Amazon」が自動的に集客してくれるという点だと思います。

この2大プラットフォームをうまく利用して「黄金の滝(報酬)」を狙うというコンセプトは間違いないと思います。

しかし、自分は「石田塾」に入る前からKindle出版をしていましたし、動画の編集もなんなくできます。収益化はできていませんがYouTubeチャンネルも持っています。

つまり、スキル自体はあるわけです。

最大の問題は、このプラットフォームになんの「コンテンツ」を投入するかです

石田塾の「You Tube研究」や「運用チャンネル」、塾生などのKindle出版等、多くの事例を見せてもらえますが自分のコンテンツは自分で作らなくてはなりません。

自分の場合で言えば、「石田塾」から新しく提供される情報よりも今まで得たヒントを元にいかに実践をしていくかなのでこれ以上の情報は不要と判断しました。

もちろん「You Tube」や「Kindle」・・・興味あるけど全くやり方がわからないという方は最後の「石田塾」学ぶ価値があると思います。

特に自分でビジネスを持っている方は「石田塾」で学ぶことをお勧めします。多分、あなたのビジネスに合わせた手法を石田塾長が提案してくれるのでないかと思います。

実際、リアルビジネスと「You Tube」&「Kindle出版」は最強の組み合わせです。

そして、もう一つの「アフィリエイト」の手法ですが裏技的な方法は殆どありません。

まさに王道(グレーな「新事業者モデル」という手法がありましたが現状は、ちょっと厳しい感じです)。現時点で通用するものすごくまっとうな方法を学ぶことができます。

ノウハウは、長年の運営できちんと体系化されているのでこれからアフィリをやってみたいという全くの初心者の方にはオススメできます(パソコンの操作すらおぼつかない方は、さすがに苦労すると思うのでお勧めはしません。全くの素人が半年でどうにかなるとは思えません)。

しかし、スタッフのサポートがどんな塾よりもしっかりしているのでこれからアフィリを学びたい方こそ、お勧めはできます。

おそらく、中級者以上のアフィリエイターの方にとっては、多少の学びはあっても正直物足りないのではないかと思います。ただ、最後の「石田塾」になりますので気になっていた方は、自分の知識を再確認するという理由で入るのはありては、ないでしょうか。

総合的に見て、自分は「14期」の「石田塾」では「You Tube」&「Kindle出版」が中心になってアフィリに関しては目新しい手法は登場しないのではないかと思っています。

以上のことから自分は「14期」の「石田塾」を受講は見送ることにしました。

ご参考になりましたら幸いです。

⇒ 最後の石田塾

タイトルとURLをコピーしました